新年明けましておめでとうございます。

自分を、会社を、日本を、明るく、元気に!

その実現に向けて、ANDNAは今年も気合を入れて応援します...

  •  プロセスは、”手順・手続”ではなく、その上位の概念であり、本来は業務=仕事の中身をいう
  • 日本では、プロセスを手順・手続と混同し、重箱の隅を突っつくような議論ばかりに終始した
  • 手順・手続は、プロセスと訳すより、プロシージャ(procedure)或いはステップが適訳である
  • 業務プロセスとは、価値や感動に繋がる業務活動の連鎖(=バリューチェーン)と定義される
  • ビジョンや戦略やスローガンを実現するために、まず「何をすべきか?」に答えるものである
  • マニュフェストや選挙公約を実現するためにも、まず「何をするのか」が問われることになる
  • 従って、業務の効率性も大事だが、その前に仕事自体の価値や有効性がより重視される
  • プロセスは、品質(Quality)、時間 (Time/Speed)、コスト(Cost)の軸で測定及び評価可能である
  • その数値目標の達成レベルにより、改善(1割程度まで)か革新(2,3割~倍、半分)かが決まる
  • 価値を最大にするには、業務に必要な情報や知恵、また、人の意識・行動変革も重要である
  • 満足レベルの価値を、さらに感動レベルまでアップできれば、リピートや新規需要を引き出す
  • 顧客、社員、取引先全てが感動する価値へ拡がれば、会社、しいては日本全体が元気になる
カテゴリ:コラム 更新:2013年1月4日